top of page

小沢浩が語る「不登校における医療の役割」



 昨年の11月に開催した第3回イベントにて、プラス・パスの代表・小沢浩が、医療者としての立場から「不登校における医療の役割」というタイトルで講演致しました。


 不登校に関して、日常的に子どもたちに接している医療者の立場から、この種のまとまった話を聞くことができる機会は、まだ、それほど多くはありません。

 そこで、今回の講義をあらためて動画化して公開することにしました。


 ここで公開する資料は、以下の三つになります。


  1. 「不登校における医療の役割」(講義篇・約20分)

  2. 「不登校における医療の役割」(質疑応答篇・約10分)

  3. 「不登校における医療の役割」(講義資料)

 ちなみに、上記の「質疑応答篇」とは、動画の録画中に「聞いている人に疑問が生じないだろうか?」と思いつき、全く予定にはなかったのですが、突然、質問を始めて小沢に回答を強要した(笑)ものです。


 皆様には、上記の「講義篇」を見て頂ければ、つい質問したくなるような点が生じるかもしれません。そのほんの一部でも、上記の「質疑応答篇」の内容と重なっていたら、と願っております。

 それでもなお「これを聞きたい!」という点がございましたら、ご遠慮なく、このサイトの「お問い合わせ」ページからご連絡を頂ければ。


 以上、不登校に関心のある方々へのご参考になれば幸いです。

 どうか、よろしくお願い申し上げます。


「不登校における医療の役割」(講義篇)



「不登校における医療の役割」(質疑応答篇)



不登校における医療の役割
.pdf
Download PDF • 564KB

「不登校における医療の役割」(講義資料)



閲覧数:396回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page