top of page

背中をぽんっと

2022年11月26日に行われた、「八王子不登校児ネットワークプラスパス」のオンラインイベントで、不登校経験者のSさんが、今までの思いを話してくれました。


中2春~秋まで不登校でした。

秋ごろ、修学旅行にいきたくて、学校に復帰しました。

高校に入ったら、部活でトラブルがあったり、大学受験のプレッシャーから、高校3年9月から不登校になりました。

音声チックが不安で、授業中、教室で下唇を噛み授業を受けていました。

今は、通信制の大学を目指しています。

その方が、自分にあっているんじゃないかなと思ったからです。


1.嬉しかったこと

・クラスメイトに声かけてもらったこと

・両親のどちらかにドライブに連れて行ってもらったこと。

車に乗ることが好きだった。無理に話しかけられない環境で、連れて行ってくれた。


2.嫌だった事

・クラスメイトなどによそよそしくされた(ように感じた)こと

・両親に怒鳴られること

・両親が悩んでいる姿を見ること

・しんどさの行き場がない

・進路の不安

・やる気が起こらない

・不登校学級の中でもいざこざがあったこと。


3.今だから思うお願い

・不登校の時は、インターネット・ゲーム・youtubeを見ているしかないので、それを責めないでほしい。それをやっているときは、自己嫌悪がセットでついてきていた。

・全面的に肯定してもらえるとよかったなと思う


4.私の想う不登校

・学校へ行くことがゴールではない

・もし学校にいきたいという気持ちが出てきたら、周りが全力でサポートすべき

・そうでなければ無理に行かせるべきでない

・自分の心地よい環境で、いろいろな経験を積むことが大事


両親・兄弟が笑顔で話してくれることが安心でした。

背中をぐいぐいでなく、ぽんっと押してくれたらと思います。


(Sさんの承諾をいただいています)




エピソード一覧はこちら↓

閲覧数:114回0件のコメント

最新記事

すべて表示

笑い

Comentários


bottom of page